対局規定

最強戦

出場棋士選抜基準の変更について
第5回より出場棋士の選抜基準を以下の通り刷新致しました。
選抜基準日は平成23年3月31日現在とし、 年間成績(第5回は2010年4月1日~2011年3月31日)の「対局数」「勝星数」「勝率」の3部門の順位を足して数字の少ない棋士から、八段以上8名、六・七段4名、四・五段4名の合計16名を選抜する。(※タイトルホルダーは所持段位)

最強戦 対局規定

総則
  1. 大和証券杯ネット棋戦・最強戦対局規定(以下「本規定」という)は、社団法人日本将棋連盟(以下「甲」という)と株式会社大和証券グループ本社(以下「乙」という)との間に取り交わされた「契約書」に基づいて定める。
  2. 対局は、原則として「日本将棋連盟・対局規定」に基づき行う。
出場棋士
  1. 選抜基準日は本年3月31日現在とし、 年間成績(第5回は2010年4月1日~2011年3月31日)の「対局数」「勝星数」「勝率」の3部門の順位を足して数字の少ない棋士から、八段以上8名、六・七段4名、四・五段4名の合計16名を選抜する。(※タイトルホルダーは所持段位)
対局会場
  1. 対局は、原則対局者の自宅パソコンもしくは「甲」の指定した対局会場のパソコンから大和証券杯ネット将棋公式ホームページ(以下「大和証券杯HP」という)に接続し、「大和証券杯HP」内の対局室にて対局者自身で操作を行なう。
  2. 対局開始時間は、原則日曜日・午後8時開始とし、対局者は午後7時30分迄にネット解説者兼立会人(以下、立会人と呼ぶ)に対局可能であることを連絡し、午後7時50分迄に「大和証券杯HP」にログインし、動作確認を済ませる。
対局で使用するパソコン・カメラ
  1. 対局で使用するパソコンは原則、対局者もしくは対局会場が所有・使用している物とする。又、予備として「甲」が用意した「ノートパソコン」を準備し、故障・通信トラブル等で使用不可になった場合にはそれを使用する。なお、推奨PC環境は、 OS Windows 2000/XP/VISTA/7、CPU Intel Pentium 1.0GHz以上、メモリ 512MB以上。
  2. 対局開始30分前迄に対局者は「甲」が準備したカメラを設置し、対局 時に立会人がモニター画面上にて確認をする。但し、「ネット対局審判員」 が対局を立ち会う場合にはカメラは設置しない。
対局
  1. 対局はすべて平手とする。
  2. 先後の決定は対局開始時にコンピュータが定めたものとする。
  3. 千日手、持将棋、時間切れ、反則、回線切れ等が生じたときの確認は、立会人が行う。
  4. 対局中、対局者のクリックミスによる着手はいかなる理由があっても着手通りとする。
  5. 対局前・対局中に、対局者が使用するパソコン・回線の不調が出た場合には、対局可能・不可能に関わらず対局者が速やかに立会人に連絡を取り状況を説明し、立会人の判断に従う。
  6. 対局中、やむを得ない状況でパソコンから離れる場合には立会人もしくはネット対局審判員の承諾を得て離れる。
立会人・ネット対局審判員
  1. 立会人は「甲」が定めた1名とし、対局時には東京・将棋会館または関西将棋会館内で立ち会い、対局画面及びカメラ映像画面を見守り、トラブルがおきた場合には裁定を下す。
  2. 「ネット対局審判員」は「甲」が任命し派遣した者とし、対局開始前の対局者の確認と立会人への連絡、トラブルがおきた場合の立会人への状況報告を行うものとする。
持ち時間・秒読み
  1. 持ち時間・秒読みは「大和証券杯HP」対局室のシステムを使用する。
  2. 持ち時間は、チェスクロック方式で各30分とする。
  3. 残り時間の掲示は対局室の画面上に現れる。
  4. 持ち時間を使い切った時には、残り時間の掲示場所の色の変化と電子音にて対局者に知らせる。
  5. 持ち時間を使い切った後は、一手30秒未満で操作完了しなければならない。
  6. 持ち時間を使い切った後の秒読みは、残り時間の掲示場所及び電子音にて対局者に知らせる。
  7. 時間切れの判断・判定は対局室の時計に従う。
千日手・持将棋
  1. 対局が千日手や持将棋になった場合は、現場の準備が整い次第指し直し局を開始する。
  2. 指し直し局について
    A)指し直し局は先後を入れ替えて行う。
    B)残り時間がある場合それを持ち時間とし、使い切っている場合は初手から30秒将棋とする
  3. 千日手・持将棋を何回繰り返しても、上記1、2項に従い対局を行う。後日指し直しはしない。
遅刻
  1. 対局者が配信日の集合時間にログインしなかった場合は、別に定める「対局規定第7条第5項」により処置を行う。但し、回線の都合でログイン出来なかった場合はその限りでない。
  2. 対局者の不注意により集合できず対局が不可能となった場合は、もう一方の対局者と立会人の棋士(またはその場に居合わせた棋士)による臨時対局を配信する。
対局日・時間の変更
  1. 対局日の一週間前以上に予定された対局が行えない事が判っている場合には、甲・乙協議の上、別に対局日時を定めて対局を行う。
  2. 回線の都合で、対局開始時間になっても対局を開始することが出来ず、開始時間より15分後迄に復旧のめどが立たない場合には立会人の裁定の上、別に対局日時を定める。
  3. 対局中に回線の都合で対局を続けることが出来なくなり、中断より15分迄に復旧のめどが立たない場合には立会人の裁定の上、別に対局日時を定める。
対局での不正行為
  1. 不正行為(相談・助言・他のパソコン使用による研究)が発覚した場合は、制裁金100万円、当該棋戦5年の出場停止とする。
その他
  1. 本規定に取り決めのない事項、または棋戦進行上の疑義が生じた場合は、甲・乙誠意をもって協議し、解決するものとする。
  2. 対局開始前、対局中、または対局後に本規定に取り決めのない事由が生じた場合は、立会人・ネット対局審判員・現場(将棋会館内)のネット担当職員が相談し判断、決定をする。立会人は代表として対局者にその決定を伝え、対局者はすべてそれに従うこととする。

女流最強戦

出場棋士選抜基準の変更について
第5回より出場棋士の選抜基準を以下の通り刷新致しました。
出場棋士選抜基準を男性の「最強戦」の新規定と同様に年間成績(第5回は2010年4月1日~2011年3月31日)の「対局数」「勝星数」「勝率」の3部門の順位を足して数字の少ない女流棋士から、女流四段以上4名、初段~三段4名、1級以下2名を選抜する。アマチュア1名を含む6名を推薦選抜する。

女流最強戦 対局規定

対局会場
  1. 対局は、原則対局者の自宅パソコンもしくは「甲」の指定した対局会場のパソコンから大和証券杯ネット将棋公式ホームページ(以下「大和証券杯HP」という)に接続し、「大和証券杯HP」内の対局室にて対局者自身で操作を行なう。
  2. 対局開始時間は、原則日曜日・午後8時開始とし、対局者は午後7時30分迄にネット解説者兼立会人(以下、立会人と呼ぶ)に対局可能であることを連絡し、午後7時50分迄に「大和証券杯HP」にログインし、動作確認を済ませる。
対局で使用するパソコン・カメラ
  1. 対局で使用するパソコンは原則、対局者もしくは対局会場が所有・使用 している物とする。又、予備として「甲」が用意した「ノートパソコン」を準備し、故障・通信トラブル等で使用不可になった場合にはそれを使用する。なお、推奨PC環境は、OS Windows 2000/XP/VISTA、CPU Intel Pentium 1.0GHz以上、メモリ 512MB以上。
  2. 対局開始30分前迄に対局者は「甲」が準備したカメラを設置し、対局時に立会人がモニター画面上にて確認をする。但し、「ネット対局審判員」が対局を立ち会う場合にはカメラは設置しない。
対局
  1. 対局はすべて平手とする。
  2. 先後の決定は対局開始時にコンピュータが定めたものとする。
  3. 千日手、持将棋、時間切れ、反則、回線切れ等が生じたときの確認は、立会人が行う。
  4. 対局中、対局者のクリックミスによる着手はいかなる理由があっても着手通りとする。
  5. 対局前・対局中に、対局者が使用するパソコン・回線の不調が出た場合には、対局可能・不可能に関わらず対局者が速やかに立会人に連絡を取り状況を説明し、立会人の判断に従う。
  6. 対局中、やむを得ない状況でパソコンから離れる場合には立会人もしくはネット対局審判員の承諾を得て離れる。
立会人・ネット対局審判員
  1. 立会人は「甲」が定めた1名とし、対局時には東京・将棋会館または関西将棋会館内で立ち会い、対局画面及びカメラ映像画面を見守り、トラブルがおきた場合には裁定を下す。
  2. 「ネット対局審判員」は「甲」が任命し派遣した者とし、対局開始前の対局者の確認と立会人への連絡、トラブルがおきた場合の立会人への状況報告を行うものとする。
持ち時間・秒読み
  1. 持ち時間・秒読みは「大和証券杯HP」対局室のシステムを使用する。
  2. 持ち時間は、チェスクロック方式で各30分とする。
  3. 残り時間の掲示は対局室の画面上に現れる。
  4. 持ち時間を使い切った時には、残り時間の掲示場所の色の変化と電子音にて対局者に知らせる。
  5. 持ち時間を使い切った後は、一手30秒未満で操作完了しなければならない。
  6. 持ち時間を使い切った後の秒読みは、残り時間の掲示場所及び電子音にて対局者に知らせる。
  7. 時間切れの判断・判定は対局室の時計に従う。
千日手・持将棋
  1. 対局が千日手や持将棋になった場合は、現場の準備が整い次第指し直し局を開始する。
  2. 指し直し局について
    A)指し直し局は先後を入れ替えて行う。
    B)残り時間がある場合それを持ち時間とし、使い切っている場合は初手から30秒将棋とする
  3. 千日手・持将棋を何回繰り返しても、上記1、2項に従い対局を行う。後日指し直しはしない。
遅刻
  1. 対局者が配信日の集合時間にログインしなかった場合は、別に定める「対局規定第7条第5項」により処置を行う。但し、回線の都合でログイン出来なかった場合はその限りでない。
  2. 対局者の不注意により集合できず対局が不可能となった場合は、もう一方の対局者と立会人の棋士(またはその場に居合わせた棋士)による臨時対局を配信する。
対局日・時間の変更
  1. 対局日の一週間前以上に予定された対局が行えない事が判っている場合には、甲・乙協議の上、別に対局日時を定めて対局を行う。
  2. 回線の都合で、対局開始時間になっても対局を開始することが出来ず、開始時間より15分後迄に復旧のめどが立たない場合には立会人の裁定の上、別に対局日時を定める。
  3. 対局中に回線の都合で対局を続けることが出来なくなり、中断より15分迄に復旧のめどが立たない場合には立会人の裁定の上、別に対局日時を定める。又、中断時点での局面は有効とし、手番の対局者が1分以内に立会人に「次の指し手」を伝え、これを封じ手とする。
対局での不正行為
  1. 不正行為(相談・助言・他のパソコン使用による研究)が発覚した場合は、制裁金100万円、当該棋戦5年の出場停止とする。
その他
  1. 本規定に取り決めのない事項、または棋戦進行上の疑義が生じた場合は、甲・乙誠意をもって協議し、解決するものとする。
  2. 対局開始前、対局中、または対局後に本規定に取り決めのない事由が生じた場合は、立会人・ネット対局審判員・現場(将棋会館内)のネット担当職員が相談し判断、決定をする。立会人は代表として対局者にその決定を伝え、対局者はすべてそれに従うこととする。